Rentioで2週間お試し!ルンバi3+をレビュー!

どうも!家電量量販店員ブロガーのリチコです!

現代の時短三種の神器としてあげられる「ロボット掃除機」

着実に進化を遂げ続けるロボット掃除機ですが、欲しい!と思っても高額ゆえに躊躇
してしまいますよね。

さらに高いお金を払ってもし自分に合わなかったら…なんて心配をしている方でも
家電のレンタルサービスを利用すれば欲しい家電をお試しできちゃいます!

今回は、家電レンタルサービスの「Rentio(レンティオ)」で『ルンバi3+』を2週間
レンタルして使用してみたレビューになります!

Rentio(レンティオ)って何?
  • 2,572種類の家電・カメラをレンタルして買わずとも使用できるサービス
  • 使ってみて気に入ったらほぼ全商品がそのまま購入可能
  • 送料無料で最短翌日に届き、配達状況も調べる事が可能なので受取ミスも少ない
お試し利用にもオススメ!【Rentio】

<strong>リチコ</strong>

リチコ

私もよく利用します!色々お試しできて超楽しいです!

スポンサー広告

『ルンバi3+』が到着!

クロネコヤマトの宅急便で届きましたよ『ルンバi3+』。かなりデカい箱で受け取るのも一苦労でした

今回レンタルした『ルンバi3+』は自動でゴミを紙パックに吸い取ってくれるホーム
ベースが付属しているモデルになります。

設置完了!

キッチンとリビングの間にちょうどいいスペースがあったのでそこにしました
ホームベースがまぁまぁ高さあります

ホームベース上部を開けると紙パックが入ってます。ここには最大60日分のゴミを
溜めておくことができ引き上げると穴がふさがった状態で捨てられますので衛生的ですね

使用する紙パックはアイロボット純正のもので、アイロボット公式サイトや家電量
販店で購入可能です

値段は3枚で2,178円(税込)と一般的な掃除機の紙パックとしては高いように
思えますが1枚で最大60日分と考えるとそこまで高価ではないと思います。

『ルンバi3+』の概要

それではルンバi3+のサイズを見ていきましょう。

ルンバi3+本体

高さ奥行本体重量
34.2cm9.2cm34.2cm3.2kg
最長運転時間/連続運転時間充電時間
最大75分3時間

ルンバi3+クリーンベース充電ステーション

高さ奥行コード長
31cm49cm39cm約1.8m

同梱物

  • ルンバ本体
  • バッテリー(内蔵)
  • クリーンベース充電ステーション
  • 交換用フィルター×1
  • 交換用紙パック×1
  • クリーンベース用電源コード

以上になります。

ルンバを裏返した所。サイドブラシが1カ所ついてます
このブラシも消耗品なので、家電量販店か公式サイトで購入可能です

下にあるのがダストボックスで、水洗い可能

『ルンバi3+』を動かしてみた

さっそくルンバ君にお仕事してもらいましょう!
本体上部のクリーン/電源ボタンを押してお掃除をスタートさせます

「ピロピローン」と鳴った後に動き出しました

行け!ルンバi3+!!

ちなみに我が家の間取りはこんな感じです

それぞれの部屋には敷居があり1cmくらいの段差があります。「LDK」は14畳あります
が、家具が置いてあると余分なスペースはあまりないですね

<strong>リチコ</strong>

リチコ

まぁ古い家なので正直そんな広くないです
ロボット掃除機って必要?と夫は導入に消極的でした

ごちゃごちゃした家ですが、ちゃんと掃除してくれるでしょうか?ドキドキします

うちのダイニングテーブルはルンバ本体サイズから考えるとかなりギリギリですが
ちゃんと掃除してくれてますね

ガンガン突き進んでいきます。ルンバは障害物を検知するセンサー類は搭載して
ないので、基本家具にタックルしながら掃除していきます

<strong>リチコ</strong>

リチコ

ソフトなぶつかり方ですが、新しい家具とか家だと気になるかも

ホットカーペットは最初乗り越えるのに何回か失敗してましたが、いつの間にか
乗り越えて掃除してくれてます

リビングを掃除後にそのまま敷居を乗り越え、廊下→洗面所と掃除していきホーム
ベースまで戻ってきました

もし掃除途中で充電が足りなくなった場合は一度ホームベースに戻って充電→満タン
になったら再開となります

<strong>リチコ</strong>

リチコ

あと子供たちがルンバが掃除しやすいように床のおもちゃをちゃんと片付けるようになったのは良かったです!

『ルンバi3+』はゴミの自動吸引機能つき!

ホームベースに戻ると、「ゴォォォォォォォ!!!!」とうるさめの掃除機より
大音量を出しながら本体ダストボックスのゴミをホームベースが吸い取ってくれます

<strong>リチコ</strong>

リチコ

留守番中に動かすならいいですが、アパートやペットとかいたら音は注意ですね…

通常、ルンバのゴミ捨ては本体の後ろ側についているダストカップを外して捨てます

もちろん『ルンバi3+』も本体ダストカップを外して捨てれるんですが…

2週間毎日みっちり使ってましたが

ほとんどゴミは本体ダストボックスに残っていませんでした!

それと、ルンバはブラシがゴム製になっており髪の毛が絡みにくいです

ホームベースの紙パックの中には髪の毛が沢山入ってましたがブラシには一切絡んでおりません

これには感心しましたね

『ルンバi3+』の気になった点

2週間お試してみると『ルンバi3+』の気になった点が出てきました

1.掃除してない場所がある。

わかりやすく間取り図で表示しますね

『ルンバi3+』はアプリで掃除する時間をスケジュールしたり、アプリから操作できます
がマッピング機能がないためにどこをどこまで掃除したかはアプリで確認できないのです。

最初はちゃんと扉を開けておけば行ける場所である洗面所や廊下など行ける場所は掃除
してくれているのに、キッチンが掃除されていないという事に3日目に気づきました(遅い)

そこで仕事が休みの時に動かして、挙動を見ていると図のように掃除してホームベースに
ちゃんと戻ってる。

いや、キッチンは!?

その後何回も確認しましたが、ホームベースより後ろ側はなぜか掃除してくれなかったです。

取説を読むと、壁側に設置してある図が書いてあったので、ホームベースの後ろは壁!
がデフォルト認識なんでしょうね。

2.マッピング機能がないのはやっぱり不便

マッピング機能がないと、どこを掃除したかの確認ができないのもなんですが
どこを掃除するかを指定できないというデメリットもあります。

ルンバの上位機種だとダイニングテーブルの下だけすぐに掃除してもらうなんて
操作もアプリで簡単にできますが、これはそういった使い方はできません。

とりあえず動ける範囲をすべて掃除する!って子なのです。

これは人によってはあまりデメリットにならない部分ではありますが、私は
やはりマッピング機能はあっった方が良かったです。

『ルンバi3+』を2週間レンタルしてみた感想

Rentio(レンティオ)」で『ルンバi3+』を2週間レンタルしてみた総評としては
マッピング機能がないなど不満点はありましたが、それを超える便利さを感じました。

家に帰ってきた時の床に埃がほぼない状態というのは、ワーキングマザーで
ある私には精神的にとても助かったんですよ。

夫にも好評で、そのまま購入とは行きませんでしたがより上位機種の購入を検討する運びとなりました。

気になる方はぜひ「Rentio(レンティオ)」でレンタルしてみてください。

お試し利用にもオススメ!【Rentio】

それでは、リチコでした!

スポンサー広告
冬野リチコ

冬野リチコ

5年以上、地方の家電量販店で勤務してます。総合家電アドバイザーの資格あり。家電は生活を豊かにする!をモットーに、選び方やオススメの商品、レビューを投稿していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です