もうこれで迷わない!炊飯器の選び方とおススメ機種をご紹介!

どうも!家電量販店員ブロガーのリチコです!

日本人たるもの食卓に欠かせない存在。

それは『お米』!!

お米をスイッチ一つで美味しく炊く、我々日本人にとってとても身近な調理家電。今回は 炊飯器の選び方をお送りします。

スポンサー広告

炊飯器の容量の選び方

炊飯器は容量の6~7割で炊くのが美味しく炊けるコツです。
3合炊きなら2合、5.5合炊きなら3合または4合、一升なら6合が目安です。

れを踏まえて炊飯器の容量を選ぶには『家族何人で何杯食べるか?』を考えましょう。

1合(約360g)=お茶碗に約2.4杯分なので、大人2人だけや乳幼児含めて
3人ならば3合炊きの炊飯器で足りると思います。茶碗1杯分を食べる家族が4人
いるなら5.5合を選びましょう。

容量選びのポイント
  • お茶碗約5杯=2合。家族の食べる量を考えよう
  • 大人2人、または乳幼児含む3人なら3合、大人4人なら5.5合がおすすめ!

マイコン?IH?加熱方式の選び方

炊飯器を選ぼうとしたとき、加熱方式に『マイコン方式』と『IH方式』と
『圧力IH』の3種類があることはご存じでしょうか?

何が違うのか、簡単に説明していきましょう!

『マイコン方式』

釜の底部分にあるヒーターを熱して炊飯する、昔ながらの加熱方式です。

この方式を採用している炊飯器は安価であるというメリットがありますが、
ヒーターで底部から熱していくので火力が低く、上部と底部で温度に差が
できやすいので加熱ムラをおこしやすいです。

保温はちょっと苦手。価格帯は5,000円~10,000円ほど。

『IH方式』

釜全体を発熱させて炊飯させる近年主流となっている加熱方式です。
火力が強く、ふっくら美味しく炊け、加熱ムラも少ないのが特徴ですね。

美味しいお米が食べたい場合、IH炊飯器を選ぶのがマストです。
保温も長いものが多いので、朝炊いて、夜まで保温しておく人も
この方式のほうがよいですね。

価格は10,000円~40,000円ほど。

『圧力IH方式』

IHにさらに圧力をかけることで沸点を上げ、100℃以上の高火力で
炊き上げる加熱方式でプレミアムモデルの炊飯器はほぼこの方式を
採用しています。

お米の食感を引き出し、ふっくらもちもちした甘みのある炊きあがりが特徴。
圧力の機構が内蓋にあるので、洗うのがちょっと面倒という面もあります。

価格は40,000円~150,000円ほど。

加熱方式のポイント
  • お米を炊き上げる火力は「マイコン方式」<「IH方式」<「圧力IH方式」
  • 美味しいご飯を食べるなら「IH方式」か「圧力IH方式」から選ぶのがおすすめ

 【各メーカーごとの特徴】

続いて、各メーカーの炊飯器の特徴を簡単に見ていきましょう!

正直なところ炊飯器は人の好みによっては高級モデルでも美味しくない!
ってなっちゃう家電ではあります。

一応私が食べてみた感想も交えておすすめしていきますね!

(ちなみに私は堅めの炊きあがりが好みです。)

・Panasonic

PanasonicはIHモデルは「大火力おどり炊き」、圧力IHモデルは
「可変圧力おどり炊き」と「Wおどり炊き」を搭載した炊飯器が特徴ですね!

また、プレミアムモデルには220℃高温スチームを噴射することで
さらに旨味をコーティングするものもあります。

スチーム噴射されたお米は水分が閉じ込められているのか瑞々しく、
冷めてもとても美味しいのでお弁当にもピッタリです!

さらに鮮度センシングで古米でも新米を炊いた時のような美味しさで
炊ける機能も注目です!ただ、個人的には”ふつう”で炊いても
他メーカーに比べて少し柔らかく感じてしまいますので固めの
炊き上がりが好きな方は好みに合わない可能性もありますのでご注意です。

ちなみにダイヤモンドコーティングされているタイプのお釜なら内釜3年保証なので、お釜の中で洗米しても大丈夫ですよ!

こんな方におすすめ!

  • 冷めても美味しいご飯が食べたい!(「スチーム」搭載モデル)
  • もっちり柔らかめのごはんが好き
パナソニックのおススメ機種はこちら!

IHモデル

IHモデルなので、ふっくらした炊きあがり。炊きわけも3種類あるスタンダードタイプ

圧力IHモデル

可変圧力おどり炊きの下位モデル。炊きわけは2種類ですが、もちもち柔らかめが好きならあり

プレミアムモデル

Wおどり炊きとスチーム機能で甘味の強い美味しいお米を炊けますよ!
冷めても美味しいので、お弁当にもっていくご飯にももおすすめ

・象印

象印の炊飯器は美味しく長時間保温できる「うるつや保温(30時間)
・極め保温(40時間)」や水加減を変えなくても好みの食感や粘りの
強さに炊き上げる「わが家炊き」があります。

そして最上位モデルに搭載されている4つor6つの底部のヒーターで
激しい対流を起こし炊きムラを抑え甘味成分を引き出す「炎舞炊き」
が特徴ですね。

個人的には象印の圧力IH炊飯器は粘りが強いもっちり感が強い
炊きあがりだと思います。ふりかけとかと食べるというより
ご飯単体で食べる方にもおすすめだと思います。

こんな方におすすめ!

  • 自分の好みの炊き方をして欲しい!!(「わが家炊き」搭載のモデル)
  • 朝炊いて次の日の朝もしくは昼まで保温したい。(「うるつや」もしくは「極め」保温機能搭載モデル)

象印のおススメ機種はこちら!

IHモデル

IHモデルのスタンダード。お米の個性を消さずに炊き上げてくれます

圧力IHモデル

81通りの我が家炊き搭載モデル。自分好みの美味しいご飯を食べられますよ!

プレミアムモデル

かまどの炎を再現した炎舞炊きが特徴。最高峰のもちもちご飯を堪能できます

・東芝

東芝の炊飯器は釜底が厚く、底の溝が熱対流を起こすので
ムラが少なく均一に炊き上がります。

また、内釜の中を真空にする事で米の芯までたっぷり吸水させ
ふっくら甘みが強いお米に炊きあげたり、保温時に内釜の中を
真空にする事でご飯の黄ばみや水分の蒸発を抑え最大40時間まで
美味しいく保温できる「真空αテクノロジー」が特徴ですね。

東芝の炊飯器はプレミアムモデルだと早炊きなどにしなくても
炊飯時間が早いので、時短にもなります。

東芝の炊飯器は粒がしっかりした甘みがある炊きあがりで
もちもちからしゃっきり固めまで幅広く炊き上げてくれます。

しかし、釜の厚さがあり少し重いのでご年配の方は実際に商品を
手に取って重さを確認することをおすすめします。

こんな方におすすめ!

  • 保温しているとご飯の黄ばみや匂いが気になる方(真空機能搭載モデル)
  • 毎日お弁当にご飯を持っていく方
東芝のおススメ機種はこちら!

IHモデル

もちもちしたご飯よりふっくらが好みならこのタイプ

圧力IHモデル

もちもちからしゃっきりまで炊きわけ可能。おすすめコースだと炊飯時間がかなり速いです!

プレミアムモデル

プレミアムモデル。もう言うことなし!モチモチからしゃっきりまでオールマイティに美味しいご飯が炊けます!

・三菱

三菱の炊飯器は四角いコンパクトなデザインと大火力をキープして沸騰し続けながら
炊飯する「連続沸騰」、超音波でお米の吸水を促しふっくら冷めても美味しいご飯に
炊き上げる「可変超音波吸水」が特徴です。

プレミアムモデルになると純度99.9%の「炭」を丸ごと削り出した内釜になるので、
遠赤効果+熱伝導率の良さで一粒一粒しっかり火が通ったふっくら美味しいご飯に
炊き上がります。

炭でできた内釜は割れやすいのでは?と思われそうですが扱いはお茶碗と一緒で
そんな乱暴に扱わなければ大丈夫かと思います。

ただ、キッチンに大理石を使用されている方は注意が必要かもしれません。
(大理石は硬いので、ぶつけると内釜が割れる可能性あり)

全メーカーで唯一プレミアムモデルにも圧力を使わないメーカーで、炊きあがりは
粒感がしっかりしたサラッとした所謂しゃっきりタイプのご飯になります。

特に和食やふりかけと一緒に食べると美味しいですよ!

  • しっかりした粒感のしゃっきりしたご飯が好きな方
  • デザイン性がある炊飯器が欲しい方
三菱のおススメ機種はこちら!

IHモデル

スタンダードモデル。もちもちモードが搭載させています

IHミドルモデル

内釜の厚さが4mmと厚く、よりふっくらとしたご飯が炊けます
珍しいエスニック米(長米種)モードがあります

プレミアムモデル

内釜が炭で出来ている。全国のお米の銘柄に合わせた炊き方を選べる

・日立

日立の炊飯器は普段は2人分だけしか炊かないけどたまに大人数になる場合も
「少量炊き」コースで容量に合わせて最適な炊き方ができる機能や、
プレミアムモデルには水を給水しなくても使える「スチーム」が搭載されています。

また、炊飯器の蒸気を抑える「蒸気セーブ」と蒸気がほとんど出ない
「蒸気カット」(プレミアムモデルのみ)で狭い場所にもおける機能が特徴ですね。

内釜は下のモデルから6年保証が付いているので、安心して長く使用できます。

プレミアムモデルは京都の米老舗八代目儀兵衛と共同で開発されていて
『硬硬内軟』の炊きあがりを再現しています。

しっかりした粒感なのに噛むと甘みが際立つご飯が楽しめますよ。
しゃっきりとはまた違った感じでとても美味しかったですね。

  • 炊飯器をスライド式の棚の中などに置きたい方
  • 普段は少量だけだけど、たまに炊く量が増える方
日立のおススメ機種はこちら!

圧力モデル

圧力&スチーム搭載モデル。少量でも美味しく炊けますよ!

プレミアムモデル

外硬内軟を再現した美味しいお米が食べられます。蒸気カット機能があるので置く場所を選びません

・タイガー

タイガーの炊飯器は付属のクッキングプレートを使用して炊飯とおかずの調理ができる
「同時調理」や食材を入れてボタンを押すだけで簡単に調理ができる
「クイック&スロー調理」など炊飯器で調理することができる機能が特徴ですね。

また、内釜には取ってがついているので炊飯後に内釜を取り出したい場合も便利です。

プレミアムモデルは内釜が土鍋と同じ本物の土からできたものを使用していて、なんと
おこげも楽しめるんです。もちもちのご飯におこげのタッグが炊飯器で簡単にできるのは
すごいと思いましたね。

ちなみに土鍋の強度は一般的なガス火対応土鍋の約2倍で、内なべ3年保証もついてますので
もし割れても安心です。

タイガーの炊飯器はもちもち感と粘りが強く、個人的には少し柔らかめに感じますね。

  • 昔ながらの土鍋で炊いたご飯が食べたい方
  • 炊飯器で時短調理など楽しみたい方
タイガーのおススメ機種がこちら

IHモデル

15分でできる時短調理ができたりと、炊飯以外の使い方も豊富なモデル

圧力IHモデル

火力を強化し、土鍋で炊いたご飯に近づけた炊きあがりが特徴

プレミアムモデル

本物の土で作った内釜なので、土鍋のようなおこげができるのが特徴

以上、リチコ的炊飯器の選び方でした!皆さんの炊飯器選びの参考にしていただければと思います。

スポンサー広告
冬野リチコ

冬野リチコ

5年以上、地方の家電量販店で勤務してます。総合家電アドバイザーの資格あり。家電は生活を豊かにする!をモットーに、選び方やオススメの商品、レビューを投稿していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です