アイリスオーヤマ リンサークリーナー『RNS-300』レビュー

<strong>リチコ</strong>

リチコ

どうも!家電量販店員ブロガーのリチコ(@richi_fuyu)です!

リンサークリーナーというものを皆様はご存じでしょうか?クリーナーというくらいですから掃除する家電なのですが、何を掃除する家電なのか?

それは簡単に洗えない布製品などです!

たとえば子供がカーペットにこぼしてしまったジュース、ペットが粗相したソファなど、日常生活で洗いたいけど洗えない!って布製品は多いと思います。

そいういったものを洗えるのがリンサークリーナー。本日ご紹介するアイリスオーヤマ『RNS-300』なんです。

リンサークリーとは

汚れた所に水を吹きかけ、浮いた汚れを水ごと吸引する布製品用洗浄機。カーペットにこぼしたジュースやコーヒーもそのまま吸引できる!

今回はメーカーの担当者さんからサンプル商品をお借りしましたので、実際に使用してみてレビューをしていきます!

スポンサー広告

RNS-300の概要

それでは早速『RNS-300』の外見などを見ていきましょう。

奥行高さ重量電源コードの長さ
24.8cm14.6cm31.2cm約2.7kg約3m

重さは一般的なコード付き掃除機と同じくらいで、縦長な分掃除機より持ちやすいです。本体もコンパクトにまとまってますので、女性の私でも持ち運びに難はありませんでした。

<strong>リチコ</strong>

リチコ

コードの長さが3mあるので家の中ならほぼどこでも使用できます!

こちらは汚れを吸引する部分の「ハンドツール」。タンクには300mlの水、または重曹水が入れられます。40℃の温水にも対応しており、汚れによって使い分けれます。

中性洗剤などの泡立つ液体は故障の原因となるため使用しないようにしましょう

レバーを引くと、緑の部分から水が吹き付けられます。そしてブラシ部分でゴシゴシして汚れを浮かしやすいくして上部から吸引します。(透明カバーがある部分です)

<strong>リチコ</strong>

リチコ

でもこのレバーがちょっと固いんですよ…何回もプシュプシュするのは正直疲れます

なので、私は別途スプレーを100均で用意しました!こっちのほうがはるかに快適!!水がなくなったときも給水しやすく最後に残った水も捨てやすいという利点もあります。

こちらは回収タンクです。結構大きい!…と思いきや、500mlしか回収できません。タンクの下部にちょっと見える白い線までです。

水を捨てるにはタンク後ろの下部に栓があって、そこから捨てる仕様です。

満水以上に水を回収してしまうと故障の原因になりますので注意!

3mもの長いコードは後ろに束ねる仕様です。コードリール収納式にすると本体サイズが大きくなると思うので、不格好ですが仕方ないですね。スタイリッシュさを求めてはいけません。

運転音はかなり大きいのがネック

それでは早速、我が家に鎮座しております「白いファブリックソファ」を掃除してみましょう!

<strong>リチコ</strong>

リチコ

購入して2年…子供もいるので気づけば所々シミがぁぁ…!!

固く絞った雑巾でゴシゴシしても取れず…あきらめてたシミ落としに挑戦してみましょう!

それではスイッチオン!

ブゴォォォオオオオオ!!!!

<strong>リチコ</strong>

リチコ

ちょ、めっちゃ音が大きいぃ!!!

起動してみるともうものすごい音です。一昔前の掃除機みたいな爆音。これはどれくらいうるさいのか?と思い簡易デシベルアプリをダウンロードして測ってみました。

結果…

89デシベル!?

騒音レベル
について
  • 80デシベル→走行中の電車内/パチンコ店内
  • 90デシベル→カラオケ音(店内中央)/犬の鳴き声(直近)

<strong>リチコ</strong>

リチコ

簡易的に測ったとはいえ、パチンコ店内よりうるさい結果になろうとは…これは夜には絶対に使用できません

しかし昼間であれば、昔の掃除機くらいの音なので大丈夫かな?と思います。赤ちゃんとかが近くに寝ていると確実に起きる音量なので、その場合は離れて使用しましょう。

新型は運転音のデシベルが10下がっているそうです。それでも十分音は大きそうですが…

新型はこちら

旧型と新型の違いは以下になります

  • 清水タンクがハンドツール側じゃなく本体側になり、レバーを握るだけの自動散水になった
  • 回収タンクが広口になり、メンテナンスが容易になった
  • ソファの隙間など狭い所につかえるT型ヘッドも付属する
  • 運転音を約10デシベル軽減している

水だけではシミは落ちないが、アルカリ電解水との相性が抜群

最初は水だけでシミに対抗してみます。水を吹きかけ、ハンドツールで吸ってみるとまぁ茶色い水が回収タンクに面白いくらいたまっていきます。夢中になってしまい、写真を撮るのを忘れてしまいましたw

<strong>リチコ</strong>

リチコ

いやーびっくりするくらい汚れてました。これにいつも座ったり寝そべったりしていたと思うとゾっとしますね。

しかし肝心の落としたかったシミは落ちず…これは失敗か?とちょっと残念な気持ちになりました。

そこで、家にあった某100均で販売している「アルカリ電解水」を吹きかけてちょっとブラシでこすった後に吸引してみると…

落ちました!!輪ジミのようになっていたものがキレイになっています!

↓再度シミ取り前

ずっと気になっていたシミが消えて大満足です!しかし元々白かったソファの黄ばみに関してはあまり取れたようには見えないのが残念。臭いもちょっと取れたように思えますね

<strong>リチコ</strong>

リチコ

ちなみにリンサークリーナーを使用した個所は湿った感じになります。びちゃびちゃではないですが、水分は全部取り切れてない感じになるので天気のいい日にやるのがおススメです。

カーペットの汚れも

今度は息子がカーペット敷きの部屋でぶちまけた鉛筆削り器の汚れを取れるか検証してみます。

少々わかりづらいですが鉛筆の削り粉が掃除機をかけても全く取れず、触るとうっすら黒い粉が付く状態でした。部屋全体がカーペット敷きの部屋なので、一部だけ洗うとかできず…

そこにアルカリ電解水をかけて吸引してみます!

回収タンクを見てみると黒い水が溜まってます!鉛筆の削り粉がちゃんと吸引されている証拠ですね!この後もどんどんアルカリ電解水をかけて吸引を続けていきます

リンサークリーナーする前

リンサークリーナーした後

うーんやはり鉛筆の削り粉は色素沈着してしまったのか、若干薄まったような気もしますが完全にはとれませんでしたね。

しかしカーペット内に残っていた削り粉は取り切ったのか、ゴシゴシ触っても黒いものはつきませんでした!

<strong>リチコ</strong>

リチコ

黒いシミは残りましたが、ちゃんとカーペット内部の汚れを吸引できたのはいいですね!これならペットの粗相とかに威力を発揮しそうです!

『RNS-300』のレビューまとめ

アイリスオーヤマのリンサークリーナー『RNS-300』を実際に使用してみた感想を以下にまとめてみました。

RNS-300のおススメポイント
  • 洗えない布製品を洗浄することができる
  • ジュースをこぼした場合やペットの粗相などを吸引することができるので小さいお子様がいるご家庭やペットを飼っているご家庭におススメ
  • 女性でも扱いやすいコンパクトサイズ
RNS-300の残念ポイント
  • 運転音がかなり大きい。夜間に使用などは向かない
  • 使用した個所は水分を含み湿った感じになる(天気のいい日の使用をおススメ)

リンサークリーナーというのは日本ではポピュラーなものではありませんが、 肌に触れる機会の多い布製品の汚れを洗うことができ 、かつ1万円以下で買えることを考えてペットを飼っているご家庭や小さいお子様がいらっしゃる家庭におススメできる商品ですね。

それでは、家電量販店員ブロガーのリチコ(@richi_fuyu)でした!

スポンサー広告
冬野リチコ

冬野リチコ

5年以上、地方の家電量販店で勤務してます。総合家電アドバイザーの資格あり。家電は生活を豊かにする!をモットーに、選び方やオススメの商品、レビューを投稿していきます。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です