アプリ管理が楽すぎる!ELECOM上腕式血圧計『HCM-AS01BTWH』をレビュー!

<strong>リチコ</strong>

リチコ

どうも!家電量販店員ブロガーのリチコ(@richi_fuyu)です!

そろそろ中年に差し掛かる年になった夫が健康診断で「高血圧」と診断されてしまいました(まぁメタボギリギリの体形なので当然の結果といえますが…)毎日ちゃんと血圧をはかって健康的な生活をしろと指導されたので、血圧計の購入を検討。

血圧計は測定結果を本体に記録するものがほとんどですが、グラフで推移を見たり平均値がどうか見たりは中々難しいです。かといって血圧手帳みたいのに手書きで毎日記録して…なんて面倒くさい事もしたくない!(大体自分の事なのに夫はこう言った事は全くしない)

そこで購入の際に以下の条件を満たす血圧計を探しました

  • スマートフォンで記録管理したいので、アプリ対応している事
  • できればコンパクトなもの
  • 上腕式血圧計である事(手首式だとちょっと精度に不安があるため)
  • 1万円以下くらいならベスト!

そしてこの条件を満たす血圧計…それが

ELECO 上腕式血圧計 『HCM-AS01BTWH』です!

<strong>リチコ</strong>

リチコ

血圧計なのにELECOM!?と思うなかれ

これが買って正解の商品でしたのでご紹介しますね!

スポンサー広告

カフと本体の一体型なのでコンパクト!

『HCM-AS01BTWH』は上腕式血圧計としては珍しくカフ(腕帯ともいいます)と本体部が一体となっています。測定記録できる人数は2人分なので夫婦で分けて使用するのもいいですね!

記録はユーザーごとに約1ヶ月(1日2回×30日=60日)

使用後はくるくるっと巻いて付属のポーチに入れておけば場所もとりません。取り出しも片づけもラクチンだから毎日苦なく続けられます。

<strong>リチコ</strong>

リチコ

大きいと出すのが手間で毎日続ける気がなくなってくるんですよね

狭いパソコンテーブルの上でも問題なく測定可能。一体型ならでは!

<strong>リチコ</strong>

リチコ

テーブルの上に本体を置かないので邪魔になりません!

測定後は血圧値レベルのところに矢印が表示されるので、自分の血圧がどれくらいなのかの基準も簡単にわかるのもいいですね。ちなみに私は低すぎぃぃ!!

測定の精度に関しては私見ですが有名国内メーカーと大きく差がないように感じます。測った数値はいつも病院ででる数値に近いので。

『HCM-AS01BTWH』に搭載されている機能は他にも以下があります

HCM-AS01BTWHの機能
  • 平均値表示…直近3回の測定記録の平均値を表示
  • 不規則脈波マーク…測定中に脈が適切に検出されていないことをお知らせ
  • 体動マーク…測定中に会話したり、体を動かしたりしたことをお知らせ

他の血圧計にある基本的な機能はちゃんとありますね。

測定後はアプリで簡単管理

『HCM-AS01BTWH』 はスマートフォンアプリに対応してます。

「ECLEAR plus」というアプリなんですが、これはELECOMが発売している対応健康家電のデータを一括で管理できる優れものです。(ほかの対応商品は体組成計があり、体重も記録できます)

ECLEAR plus 対応OS

◼️ i OS 11〜13

◼️ Android 6〜10

インストールした後に本体をアプリに登録すると、次回からは簡単にスマートフォンに測定結果を残す事ができます。登録自体はアプリ画面の指示通りにすればすんなりとできました!

写真にはとらえきれませんでしたが、測定後に画面の血圧値レベル横にうっすらとBluetoothのマークが点滅します。その時にスマートフォンのアプリの同期ボタンを押せば記録はアプリに同期されます

ちゃんと朝と夜測ったものは自動で識別されて平均を出してくれます。目標血圧も設定できますのでモチベーション維持にもいいかもしれませんね。

充電式なので持ち運びも便利。しかし不安要素も…

『HCM-AS01BTWH』はリチウムイオン電池内蔵型なので出張先などにも持ち運びやすいです

<strong>リチコ</strong>

リチコ

鞄の中などで誤作動しないよう電源スイッチもあるのでどこでも連れ出せますよ!

付属品には専用USBケーブルは入っていますが充電器部分は付属しておりません。専用充電器は別売りみたいですが、我が家ではスマートフォン充電用の電源ドックにケーブルを挿して充電してます。

内蔵電池なので電池式より本体が軽く、一体型としても使いやすくなっているのは良いところですが気になるところも…

繰り返し充電回数が約500回という事です

ELECOMだけあって過充電・過放電・過電圧保護機能が搭載されています。約500回…今のところ2週間毎日1〜2回使用して充電レベルが3→2になったくらいなんですが、寿命的にどんなものなんでしょうかね?

なるべく0になる前に充電するようにして1ヶ月に2回充電しても5年は余裕で保つ計算ですね。

リチウムイオン電池は満充電で充電回数1回とカウントする通説があるので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。が、念のため、使ってすぐの充電は控えた方がいいですね。

あと、カフ(腕帯)が柔らかいタイプだからか1人での取付は最初手間取りました。普通の上腕式血圧計と違ってカフと本体が一体なのでちゃんと巻けてる?と感じる事がありますね。

フィットカフとか呼ばれるカフの形がある程度固定されているものであればつけやすいのですが(その代わり腕が細すぎたり太すぎたりするとちゃんと負けないデメリットもあるんですけどね)持ち運びのしやすさを重視するとその部分はトレードオフになっちゃうのでしょうね…

ELECOMさん、後継機をつくる際はそこの改善をよろしくお願いします!

『HCM-AS01BTWH』は買って正解の上腕式血圧計でした!

ELECOM上腕式血圧計『HCM-01ASBTWH』を買ってから毎日血圧を測定してますが、やはりアプリですぐに視覚的にグラフ化と平均がわかるので夫も自分の健康状態を客観的に把握しやすいようです

充電式で煩わしいケーブルがいらず、出張先でも手軽に持ち運べる上腕式血圧計というのは働き盛りの方に使いやすいのでオススメです。

価格も1万円前後と、他のアプリ対応国内有名メーカーより安い点もこの商品の魅力ですね。

最近血圧が気になってきた方はぜひお手に取ってみてください。

それでは、家電量販店員ブロガーのリチコ(@richi_fuyu)でした!

スポンサー広告
冬野リチコ

冬野リチコ

5年以上、地方の家電量販店で勤務してます。総合家電アドバイザーの資格あり。家電は生活を豊かにする!をモットーに、選び方やオススメの商品、レビューを投稿していきます。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です