簡単に頭筋をケアできる!ヤーマン 『ミーゼ スカルプリフト』 レビュー

どうも!家電量販店員ブロガーのリチコ(@richi_fuyu)です!

毎日鏡を見ていると、なんか肌が気になる…
ちょっともたついているような気がする…
そうして鏡を見るのがどんどん嫌になりますよね。

もし、お家でスペシャルケアができるとしたらどうでしょうか?
しかも手軽で簡単にできるならいいですよね!

そこで本日ご紹介するのは、あの美容家電メーカー「ヤーマン」から発売の
リフトケアブラシ型美容機器『ミーゼ スカルプリフト』です!

 

 

頭と顔は1枚の皮でつながっています
その下の筋肉も同じようにつながっているんです。
そこの衰えが顔がもたつく原因にも…

 

これ1台があれば頭筋からフェイス(デコルテ含む)まで
総合的にアプローチできますよ!
さらに防滴仕様でお風呂でも使用できるようになっており
リラックスタイムにぴったりなEMS美容家電です。

本記事ではそんな『ヤーマン ミーゼ スカルプリフト』について
レビューしていきたいます!

 

リチコ
頭筋は普段の生活では動かすことがないので
意識的にケアしてあげるのが大切ですよ!




 

スポンサーリンク

『ミーゼ スカルプリフト』の外観と付属品

「ミーゼ スカルプリフト」の本体には最初からスカルプ用アタッチメントが
取り付けられています。

 

 

持ってみると手のひらにピッタリでもちやすいです。
持ちて中央部にはボタンがあります。

 

 

スカルプ用アタッチメントは頭皮専用
堅いです。

もう一つはフェイス用アタッチメントが付属しています。

 

こちらは顔・首・デコルテに使用可能です。
触ってみると柔らかく、顔に当てても全然痛くないです。

 

 

あとは取扱説明書(保証書付き)が1冊と
充電台(USBケーブル付き)とACアダプターです。

本体を置くだけで簡単に充電できます。

 



『ミーゼ スカルプリフト』のモード切替は自動で簡単

『ミーゼ スカルプリフト』の使い方は
シンプルで簡単です。

まず、使用したいモードのアタッチメントを
本体に取り付けます。

アタッチメントはマグネット式なので簡単
着脱できますよ!

 

本体取付位置とアタッチメントの下部に凹凸があるので
そこを合わせるように取り付けて下さい。
それだけで簡単にモードが変わります。

 

スポンサーリンク

『ミーゼ スカルプリフト』の使用方法

 

本体中央にあるボタンの下を長押しでスイッチオン!
だけの簡単操作ですが、以下の点を注意してください。

『ミーゼ スカルプリフト』を使用する際は必ず
背面の手元電極に触れるようにしてくださいね。

 

こんな感じで触れていればOKです!

 

電源がONになるとスカルプモードの場合はボタンの下に【SCALP】と表示されます。
そして赤色LEDがビカーっと光ります。

再度、電源ボタンを押すとバイブレーションがオンになります。

 

振動はフェイスモードでも使用できます。

 

 

ボタンの上部はEMSレベル調整になります。
EMSレベルは1~3まで。
ボタンの上に現在レベルを点灯で表示してくれます。
初めはレベル1からお試しするのをおススメです。

それぞれのモードでのブラシの動かし方を
簡単に図にしてみました。
頭皮や顔などは濡れている方が刺激を感じやすくなりますよ!

 

リチコ
使用してみると、チクチクというかピリピリっとします。
すごい筋肉動く!って感じではないですね。

 

使用時間や目安について
  • 1部位1回10分以内、1日合計30分以内が目安
  • 毎日使用しても大丈夫(24時間以上空ける)
  • 顔に使用する際はメイクを落とす!
  • 肌に異常があるときは使用しない

 




『ミーゼ スカルプリフト』はお風呂でも使用できる!

 

『ミーゼ スカルプリフト』は防滴仕様(IPX5)になっていますので
お風呂に持ち込んで使用可能です。
ただ、完全防水ではないので以下の点に気を付けて使用してくださいね。

 

  • 水中にしずめる
  • 流水(シャワーなど)を3分以上あて続けない

 

お風呂であれば、わざわざ頭皮を濡らす必要がないので
スカルプモードの使用がラクチンです。
しかも頭皮や体が温まった状態でケアするとより効果的なのも
ポイントですね!
お風呂時間が充実する事間違いなしです。

 

スポンサーリンク

『ミーゼ スカルプリフト』レビューまとめ

 

本記事では『ミーゼ スカルプリフト』について書きました。

『ミーゼ スカルプリフト』はお風呂でも使用でき
頭筋から顔・デコルテまでトータルにケアできる美容機器です。

簡単にかつ手軽にアプローチができるのでおススメですよ!

それでは、リチコ(@richi_fuyu)でした!

 


最新情報をチェックしよう!