雪国に寒冷地エアコンは必須なのか?家電量販店員が解説します!

<strong>リチコ</strong>

リチコ

どうも!家電量販店員ブロガーのリチコ(@richi_fuyu)です!

西日本より上の雪国地域の方が暖房も使えるエアコンの購入を検討するさいに『寒冷地エアコン』も視野にはいると思います。でも寒冷地エアコンって雪国なら必須なものなのでしょうか?

本記事を見ていただければ寒冷地エアコンの購入を迷っている方が本当に寒冷地エアコンが必要かどうかわかります!

スポンサー広告

寒冷地エアコンの購入の決め手は外気温

結論からいうと、寒冷地エアコンの購入基準は外気温で判断できます。お住いの地域が真冬の夜に室外機の周りの外気温が0℃を下回る日が多い地域なら寒冷地エアコンにすることをおススメします。

なぜなら『寒冷地エアコン』は外気温がー15℃でも暖房が使用できるようにコンプレッサーをハイパワーなものにしてあるからです。

雪国でも普段はそこまで外気温が下がらない中心部で雪が積もっても足首にも届かないくらいなら寒冷地エアコンにする必要はありません。ただ、暖房を使う前提ならハイパワーなプレミアムモデルのエアコンにすることをおススメします。

<strong>リチコ</strong>

リチコ

私の住んでいる地域はいわゆる寒冷地で雪が降る地域ですが、プレミアムモデルのエアコンで快適に冬は過ごせます

寒冷地エアコンと通常エアコンの大きな違いは霜取り運転にある

通常のエアコンと『寒冷地エアコン』の大きな違い。

それはエアコンの室外機の”霜取り運転”が関係してきます。

皆さんはエアコンの暖房を使っている時に急に運転が止まって動かなくなったと思ったら暫くしてまた動き出したなんて経験があると思います。

これは雪が降るほど寒い日に起こりやすいのですが、室外機は暖房運転中に冷たい風を放出しています。そのため室外機にある熱交換器が冷えてそこを通る空気中の水分が凍って霜になるんです。この霜がどんどんついていくと室外機が空気を取り込めず暖房運転能力が下がってしまうのです。

そこでエアコンの暖房運転を一旦停止して、室外機の熱交換器を温める事で霜を融かすのが”霜取り運転”なのです。

寒冷地エアコンはこの霜取り運転が起こりにくいよう、室外機にヒーターをつけたりエアコン運転と霜取り運転が同時にできるなど各メーカー工夫してあるんです。また、コンプレッサーもハイパワーになっています。

ただ、電気代は通常のエアコンより高くなりますので注意が必要です(それでも安いモデルより省エネですが)

寒冷地エアコンにしても条件が悪ければ効果は薄い

実は『寒冷地エアコン』にしても住居環境によっていは寒冷地エアコンのメリットを薄めてしまう事もあります。『寒冷地エアコン』の購入前に以下のポイントをチェックしましょう

  • 室外機内部に雪が入らないような位置に設置する
  • 室外機を設置する際は高置き架台などで雪に埋もれない高さに設置する

<strong>リチコ</strong>

リチコ

いくら寒冷地エアコンにしても、室外機が雪で埋もれた状態では意味がありません。設置場所などは必ず確認しましょう。

たまに雪が積もるくらいなら寒冷地エアコン以外の手段もある

霜取り運転は外気温と室内温度の差があればあるほど起こりやすいです。外気温がそこまで低くないのなら以下の方法でも霜取り運転を起こりにくくし、暖房を使いやすくすることが可能です

  • 設定温度を低めに設定する
  • 室外機の架台を背が高いものにする(地面に近いと温度が低く、雪が積もりやすい)
  • エアコンの対応畳数を1ランクあげる(6畳なら8畳用にあげる)
  • 室外機に雪が入り込まないように工夫する(防雪フードをつけるなど)

雪国に寒冷地エアコンは必須なのか?まとめ

それでは雪国には寒冷地エアコンが必須なのか?必要な条件などをまとめてみましょう

真冬の夜間の外気温がマイナスの日が多く、雪がひざ上まで積もるようなら寒冷地エアコンがおススメできます

ただし、室外機の設置は雪風が室外機に入り込まない位置。雪に埋もれないように高置き架台にすることをおススメします

<strong>リチコ</strong>

リチコ

寒冷地エアコンにしない場合も、真冬では以下のようにエアコンを運用すると霜取り運転を軽減し、暖房を使いやすくできますよ

エアコン暖房のポイント
  • 設定温度を低めに設定する
  • 室外機の架台を背が高いものにする(地面に近いと温度が低く、雪が積もりやすい)
  • エアコンの対応畳数を1ランクあげる(6畳なら8畳用にあげる)
  • 室外機に雪が入り込まないように工夫する(防雪フードをつけるなど)

本記事を参考に、少しでもエアコン暖房を快適に使用してみてくださいね。

それでは、家電量販店員ブロガーのリチコ(@richi_fuyu)でした!

スポンサー広告
冬野リチコ

冬野リチコ

5年以上、地方の家電量販店で勤務してます。総合家電アドバイザーの資格あり。家電は生活を豊かにする!をモットーに、選び方やオススメの商品、レビューを投稿していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です